ペット火葬の基礎知識|事前準備・手順・費用相場などを初めての方にも分かりやすく解説

このサイトでは、昨今高い需要となっているペット火葬について詳しく解説をしていきます。
広告やコマーシャルなどで目にされたことがある方も大勢いらっしゃるでしょう。
これから利用なさる方に向けて、事前準備・手順さらには費用相場などもわかりやすく見ていくので参考にしていただければさいわいです。
大切な家族の一員であるペットに感謝を伝えるためにも、お別れの際は丁重に弔ってあげることが飼い主としての最後の務めといえます。

ペット火葬の基礎知識|事前準備・手順・費用相場などを初めての方にも分かりやすく解説

ペット火葬の基礎知識としては、まず最初のペットの亡骸をタオルで包んで箱の中におさめます。
その後、ペット火葬を実施しているセレモニー会社に連絡をおこない、自身で亡骸を持ち込むのか、お迎えを依頼するのかを決めます。
ペット火葬に必要な費用相場は、大型犬であれば5万円・小型犬・ネコだと3万円です。
それ以外の小動物なら5000円前後となり、必要な費用は動物の大きさによって変動をするのが一般的となっています。

ペット火葬を依頼する前に行っておくべき準備とは

動物をご自宅で飼育されている方は大勢いらっしゃることでしょう。
現在ではペットも家族の一員だと思われる方が多く、室内で大切になされるのも当たり前をなりました。
人間よりも寿命が短いため、必ず先にお別れをしないといけないものです。
その際はペット火葬サービスを活用するのですが、ここでは簡単にペット火葬をする前の事前準備について解説をしていきます。
準備としては、まずお供えとなるフードや花を用意しておき、一緒に火葬をしてもらうことになります。
また役所等に飼育報告をなされている場合は、死亡届も提出をしないといけません。
これはイヌのみに当てはまる事項なので、ネコやウサギ・ハムスターは必要はなものです。
依頼をしたあとは、どのようなスタイルのペット火葬をするのかを、セレモニー会社と相談をします。
霊園の火葬場か、移動車両の2種類があります。
あとはペットをタオルなどで丁重にくるんで、箱に納めてペット火葬に備えるのが基本です。

ペット火葬の手順は?大まかな流れを押さえておこう

安心して葬儀のできる業者を依頼してのペット火葬、大まかな手順を把握しておくことができます。
流れとしては飼い主と一緒に葬儀場へ行き葬儀を行い、お焼香をして火葬前の最後のお別れの時間です。
施設内に完備されている火葬施設で行われますが、いくつかのパターンがあります。
手元に遺骨を残したい人にとってもベストなのがペット火葬、自分たちのペットだけですので、他のペットと一緒にはなりません。
ペットの遺体は自宅まで引き取りにきてくれて、火葬と納骨がされます。
骨壺にお骨を収めた状態で、自宅に届くので費用面はほかの方法より高めの設定です。
お骨を手元で残すなら、立ち合いというのもあります。
予約日に遺体を取れていき、お線香を上げたり花を手向けるなど、お別れの時間を過ごしてからの火葬です。
合同墓地に埋葬となる、合同火葬も選ぶことができます。
指定日になると遺体を引き取りに車が来て、あとは業者に任せてしまう流れです。
立ち合いをすることも無く、骨はほかの動物と混ざります。

ペット火葬の費用相場はどれくらい?

ペット火葬というと費用相場が気になるところで、飼い主にとって負担となる金額の目安は無視できないのではないでしょうか。
ペット火葬には大きく分けて引き取りと家族立会いがあり、前者の合同供養が最も安く済ませられる傾向です。
猫は引き取り合同供養だと2万円弱ですが、家族の立ち会いとなると2万円台半ばとなります。
同様に柴犬などの中型犬は3万円弱と3万円台前半、大型犬は4万円台前半と5万円弱が目安です。
秋田犬くらいのサイズとなると最低でも5万円台半ばとなりますし、6万円を超えることもあります。
超大型犬は6万円台前半からといったところで、ペット火葬の種類によっては7万円以上になります。
このように、ペット火葬は火葬と動物の種類によって金額が異なり、大きさや重さでかなり開きがあることが分かります。
超小動物でも1万円は掛かりますから、1万円が最低ラインで一般的に飼われているサイズのペットだと、3万円から4万円の出費を覚悟する必要があるのではないでしょうか。

ペット火葬にはどれくらいの時間がかかる?

ペット火葬にかかる時間は、ペットの大きさ(体重)によって大きく異なります。
例えば、ハムスター・小鳥など1kg前後の場合は20分程度、猫・超小型犬・ウサギなど3kg程度であれば40分ほどが目安です。
また、柴犬・パグといった7kg~15kgのペットの場合は60分前後、ボーダーコリー・紀州犬・甲斐犬などの15kg~25kgのペットでは60~100分ほどかかります。
そして、ゴールデンレトリバー・ラブラドールレトリバーなどの25kg以上のペットの場合は100分~120分ほどかかるのが一般的です。
このように、ペットの体重が大きくなるほど火葬は長引きますが、上記の時間は火葬炉に出棺して遺骨になるまでの目安で、火葬が終わった後は火葬炉を冷ましたり収骨したりする必要があります。
そのため、ペット火葬を依頼する際は余裕を持って利用することが大切ですが、葬儀も併せて行う場合はその分も考慮してスケジュールを組んでおきましょう。

ペット火葬で一緒に火葬できるモノ・できないモノ

ペット火葬で一緒に火葬できるのは手紙や写真、少量のおやつなどです。
ペットへの感謝を記した手紙や思い出の写真は、燃えるので火葬できます。
ペットが好きだったおやつがご飯も少量であれば問題ありません。
人間の葬式のようにペット火葬でも花を添えることができます。
ただし色の濃い花はペットのお骨に色移りする可能性があるので避けましょう。
一緒に火葬できないのは、ペットが大切にしていたおもちゃやご飯の容器、衣類です。
おもちゃや容器を火葬してしまうと、黒煙と臭いが発生します。
お骨に影響が出るだけでなく、黒い塊になった燃え残りはお骨上げの妨げになります。
ペットの洋服やタオルは繊維でできているので、完全に燃やすことができません。
散歩に使ったリードや首輪を入れたい飼い主も多いですが、金属類は燃え残る可能性が高いです。
このように火葬に出せない物は周辺の環境を汚染したり、燃え残ってお骨上げに悪影響が出たりするという特徴があります。

ペット火葬後の遺骨はどのように供養する?

ペット火葬が終わった後には、遺骨を手元に残すことも可能ですが、ペット火葬後の遺骨はどのように供養すれば良いのか、その供養方法が気になると言う人も多いかもしれません。
傍に置いておかなければ寂しがってしまうのではないか、ペットの遺骨をすぐに手放すことができないなどの理由から、自宅保管をする人も多く見られます。
結論としては、自宅にずっと骨壷を置くことには何の問題もありません。
遺骨には魂が宿っているわけではなく、その子の生きた証と言えるものです。
魂が成仏しないのではないかと心配なのであれば、供養をしっかりしてあげることが望ましいです。
火葬後の遺骨の扱い方に決まりはなく、人間の場合には家族が集まる四十九日の法要を目安とし、お墓に納骨するケースがほとんどです。
とはいえ中には手元供養と言い自宅にずっと置く人も見られます。
将来的に納骨や埋葬を考えるのであれば、家族が集まれる日を目安に考えてみると良いでしょう。

ペット火葬当日はどのような服装が望ましい?

ペット火葬を利用すると、ペットも人間と同じように供養をすることができます。
ペット火葬をするときにどのような服装で参列すればいいのか悩んでしまいますが、人間の葬儀と同じように黒い服装で統一してもいいかもしれないです。
黒で統一をするのが無難ではありますが、必ず黒でないといけない訳ではありません。
ペット火葬は新しいサービスでもありますから、人間の葬儀のように厳格なマナーもそこまで存在しない特徴があります。
そのため普段着でペット火葬に参加しても、そこまで問題になることはありませんし、家族だけでやるのが普通なので家族同士で納得すれば派手な服でも問題ないです。
人間の葬儀よりも自由度が高いので、各家庭の考え方で対応すれば問題ありませんし、そもそも必ず火葬をしないといけないルールもペットの場合はありません。
業者側に事前に話を聞いておくと、何を着ていけばいいのかも把握することができますから、早めの段階で話を聞いておくと安心です。

どんな種類の動物でもペット火葬できる?

大切なペットを亡くした時に火葬して、しっかりと供養してあげたいと思う飼い主さんも多いのではないでしょうか。
しかし、ペットの種類によっては、ペット火葬サービスを利用することはできないのではないかと不安になってしまう方も少なくありません。
現在、日本全国にペット火葬会社がありますが、その多くが様々な種類のペットに対応しています。
犬や猫はもちろん、鳥やハムスター、ウサギなどにも対応することが可能です。
さらにイグアナやハリネズミ、サルといったペットの火葬を依頼することもできます。
ペット火葬会社によって火葬が可能なペットに違いがありますが、近年需要が高くなっていることから対応可能な範囲が広がっています。
まずは、依頼する前に自分のペットの火葬が可能であるかを確認してみると安心です。
また、その際には一緒に火葬できる物や費用も確認しておくとトラブルなく、大切なペットをしっかりと供養してあげることができるでしょう。

ペット火葬でよくあるトラブルとは?

近年、ペットブームの影響などからペット火葬の需要は高まっていますが、人間の火葬とは異なりペット火葬を規制する法律は現在のところ整備されていません。
そのため、ペットの火葬を請け負っている業者の中には悪質な経営を行っている業者も一定数存在してます。
悪質な業者を利用してしまうと様々なトラブルに巻き込まれる恐れがありますが、ペット火葬にまつわるトラブルで最も多いのが費用に関するものです。
例えば、ホームページなどに記載されている料金や、電話での問い合わせ時に確認した料金よりも大幅に高い金額を請求されるというケースや、高額な仏具を半ば強制的に購入させられるといったケースはよく見られるので注意が必要です。
また、火葬後に遺骨を返してもらえない、他のペットの遺骨を返却される、個別火葬を依頼したのに他のペットと合同で火葬されてしまったといった事例も報告されています。
このような事例を避けるためには業者選定を慎重に進める必要があり、運営情報や評判などをしっかりと確認した上で依頼することが大切です。

ペット火葬に関する情報サイト
ペット火葬の詳細

このサイトでは、昨今高い需要となっているペット火葬について詳しく解説をしていきます。広告やコマーシャルなどで目にされたことがある方も大勢いらっしゃるでしょう。これから利用なさる方に向けて、事前準備・手順さらには費用相場などもわかりやすく見ていくので参考にしていただければさいわいです。大切な家族の一員であるペットに感謝を伝えるためにも、お別れの際は丁重に弔ってあげることが飼い主としての最後の務めといえます。

Search